読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

2020年の恋人たち (単行本)

2020年の恋人たち (単行本)

2020年の恋人たち (単行本)

作家
島本理生
出版社
中央公論新社
発売日
2020-11-20
ISBN
9784120052798
amazonで購入する Kindle版を購入する

2020年の恋人たち (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

島本 理生は、新作中心に読んでいる作家です。本書は、今時のアラサー女子のラブ・ストーリーでした。女性でも賛否両論あるのではないでしょうか? 本書に出て来るパークハイアットのニューヨークバーの夜景は東京随一です。 https://restaurants.tokyo.park.hyatt.co.jp/nyb.html 2026年にサグラダ・ファミリアが完成したら、是非再訪したい! https://www.youtube.com/watch?v=RcDmloG3tXU

2020/12/15

ウッディ

母の事故死で、リニューアルしたワインバーを経営することになった葵。店員募集の貼り紙で出会った松尾とともに、会社勤めをしながら開店準備を行う彼女の周りには魅力的な男性がイッパイ、まさにモテ女です。自由な母の元で誰にも頼らず生きてきたしっかり者の葵、美人なのかもしれないけど、隙もなさそうなのに、こんなにモテるのが理解できず、複雑な家庭環境も説明不足で、義理の兄や妹の関係もモヤモヤでした。突然のスペイン旅行の無理矢理感、2020年春と2019年秋の順序が逆になっているなど、???がいっぱいの一冊でした。

2021/04/18

machi☺︎︎゛

不慮の事故で亡くなった母親のワインバーをめぐり義理の家族とのいざこざや母親の周りにいた人たちとの繋がりや32歳の葵は1人で頑張ってやっていた。だけどたまには誰かに頼りたくなる時もある。ずっと強いわけではない。そんな心の隙間に上手く入ってくる男性たち。島本理生さんの描く女性はやっぱり危なっかしくて目が離せない。だけどもそんな中でも流されずにちゃんと自分の居場所を確立していけて良かった。

2021/01/17

のぶ

主人公の生き方を読者に問われているような恋愛小説だった。主人公は32歳の前原葵。母の突然の事故死により、営んでいたワインバーを引き継ぐ事になる。店の名前は「白」と名付け、開店の準備に忙しい毎日を送る。そして葵の周辺には多くの男性が登場する。同棲していた会話がない港、共に働く事になった松尾、料理店を営む海伊、他にもいろいろ。恋人として付き合う男性。表面だけの関係の男性。そんな中で葵は男性に対しどんな答えで応じていくのか?読んでいて葵には強い結婚願望はないと感じられた。恋愛に浸りながらも薄めの印象の作品。

2021/01/04

Yunemo

久々に著者作品を読み終えて。やっぱり男としては理解し難いことが多過ぎて。どうして男の人は今日目の前にいる私ではなく、過去の私にばかり気を向けてしまうのだろう。と、問われても、返す言葉が見つかりません。いい悪いとかじゃなく、どうももう一つピンと来ない自分がいて。それはそれでと納得してしまうこと、男の性と考えればいいのかな。生き方の特徴として、便利で機能的で速度重視の未来を追い求めた先には、なにが待っているのだろう。この一文がやけに心に引っ掛かって、ざわつきます。登場する男達って一般的な範疇、後は選択かもと。

2020/11/29

感想・レビューをもっと見る