読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ステイホームの密室殺人 2 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー (星海社FICTIONS)

ステイホームの密室殺人 2 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー (星海社FICTIONS)

ステイホームの密室殺人 2 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー (星海社FICTIONS)

作家
乙一
佐藤友哉
柴田勝家
法月綸太郎
日向 夏
渡辺浩弐
出版社
星海社
発売日
2020-09-17
ISBN
9784065209141
amazonで購入する Kindle版を購入する

ステイホームの密室殺人 2 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー (星海社FICTIONS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

ステイホーム密室殺人のテーマで、太田さんが作家に執筆を求め、6人の作家の短編をまとめたものです。乙一さんの「ステイホーム殺人事件」は、短編ながらもコロナ禍である状況をミステリに落とし込んでいた。リモートをしているからこそのオチがあったり、コロナだからこその苦しみもあり、見事でした。次に佐藤友哉さんの「潔癖の密室」は、コロナ後の未来を描いています。ミステリとしては、王道でした。コロナを突き詰め、潔癖症になった一家に起きる悲劇。なかなか面白かったです。他にも作家性のある作品があり、楽しむことができました。

2020/12/13

aquamarine

好みの作家さん目当てで手に取ったが、どうしてもステイホームとなるとリモートが主体になり、実生活と重なって読むのがどんどん辛くなってしまった。そんな中で、初読の日向さん「迷惑な殺人者」は綺麗なミステリで好みだった。一番の目当ての法月さん「題名のない朗読会(抄)」は置いていかれて実は3度も読んだ。自分でそれなりに解釈した後、あとがきから彼がどんな状況だったかを知り、涙が出た。こんな異常事態では誰もがきっと今までと同じではいられない。あの時は大変だったね、と笑い話のように振り返られる日が一日も早く来ますように。

2020/10/29

美紀ちゃん

乙一が好きなので読んだ。 コロナ禍の、そうそう!そうだったよね!という「あるある」が満載。 刺した時の感触の描写とか、その時夏の目が俺を見ていたとか、乙一‼️という感じでドキドキした。日向夏さんの話も良かった。

2020/12/12

しゅてふぁん

二度目の緊急事態宣言下で読む、六人の作家の「ステイホームの密室殺人」をテーマにしたアンソロジー。一番リアルな今(というか去年の春)を感じたのは乙一さんの『ステイホーム殺人事件』で、切なくて甘酸っぱくてこの作品が一番好き。かなりクセの強い『題名のない朗読会(抄)』は話が全然分からなかった…。メイド喫茶を舞台にした『すていほぉ~む殺人事件』も面白かった。こういう作品の舞台になると‘今’は特殊な状況(緊急事態宣言下でのステイホーム)だなぁと改めて実感した。

2021/01/13

さっちゃん

「ステイホーム殺人事件」:乙一さんらしい切なさが漂う。「潔癖の密室」:アフターコロナは家族会議も事件現場も探偵もリモート時代。「すていほぉ~む殺人事件」:メイド喫茶のメイドとオタクが殺人事件を解く。メイド探偵はもっと読みたいな。「題名のない朗読会(抄)」:法月さん、オチがわからなかったよ( ノД`)シクシク…。「迷惑な殺人者」:飛び降り事件は自殺か他殺か。予想、見事に外したわ。「末恐ろしい子供」:SFチックな遠隔見守りサービス中の死の真相。将来はこうなっていくのかなぁ。

2021/04/13

感想・レビューをもっと見る