読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小松左京

職業・肩書き
作家
ふりがな
こまつ・さきょう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

SF作家

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1973年
『日本沈没』第27回日本推理作家協会賞
1985年
『首都消失』第6回日本SF大賞
2011年
第32回日本SF大賞 特別功労賞

「小松左京」のおすすめ記事・レビュー

SFって何だ!? これだ! 10代・20代のうちに読むべき小松左京のベストセレクション

SFって何だ!? これだ! 10代・20代のうちに読むべき小松左京のベストセレクション

『小松左京短編集 東浩紀セレクション』

『小松左京短編集 大森望セレクション』

 筒井康隆、星新一らと並んで、日本SF小説の黄金時代を築きあげた作家・小松左京。没後5周年にあたる今年、その代表作を2巻にまとめた電子書籍オリジナルのベスト作品集『小松左京短編集 東浩紀セレクション』『小松左京短編集 大森望セレクション』(KADOKAWA)が7月25日、同時リリースされた。

 長年小松作品を愛読してきた、という東浩紀と大森望が作品を選んだ今回のセレクション。選者の思い入れによって、カラーが大きく異なる2冊となっているのが面白い。以下、それぞれの収録作に触れながら、2冊の特徴を紹介してゆこう。

 まず『東浩紀セレクション』から。  全15編収録、紙の角川文庫に換算すると700ページ超、というボリュームをもったこちらのセレクションは、小松ワールドの本領をビシビシと伝えてくる本格SFを中心としたラインナップだ。

 冒頭に収められた「地には平和を」は、太平洋戦争が終結せず、本土決戦を迎えることになったもうひとつの日本を舞台とした仮想歴史SF。人類にとって歴史とは何か…

全文を読む

「トラウマ必至!」の最恐コマベスト1 【小松左京の怖いはなし『まめつま』】

「トラウマ必至!」の最恐コマベスト1 【小松左京の怖いはなし『まめつま』】

 『日本沈没など』のベストセラーで知られる作家・小松左京が遺したホラーの名品を、電子書籍オリジナルコミックとして配信する【小松左京の怖いはなし】。現在まで4作品がリリースされている話題の同シリーズから、「トラウマ必至!」の最恐コマベスト3を選出。3日連続でそのコマを紹介しよう。あなたにとって一番コワいのはどれ?

ベスト1 『まめつま』(御茶漬海苔:マンガ、小松左京:著)

『まめつま』(御茶漬海苔:マンガ、小松左京:著)

 栄えあるベスト1に選ばせてもらったのは、日本ホラーマンガ界の巨匠・御茶漬海苔による『まめつま』の一コマだ。  真夜中の2時、眠っていた赤ん坊が突如、火がついたように泣きだした。おむつも濡れていないし、お乳も欲しがらない。子育てに無関心な夫は、そっぽを向いて起きてこない。  原因は何なのだろう。困惑した妻に、祖母が「それはまめつまだよ」と教えてくれた。  まめつまというのは、子どもや赤ん坊にだけ見ることができる小さい魔物で、夜中になると枕元で斬り合いをするのだという。  赤ん坊を泣きやませるには、お米と枕元に投げつけるといい。そう祖母…

全文を読む

「トラウマ必至!」の最恐コマベスト2 【小松左京の怖いはなし『骨』】

「トラウマ必至!」の最恐コマベスト2 【小松左京の怖いはなし『骨』】

 『日本沈没』などのベストセラーで知られる作家・小松左京が遺したホラーの名品を、電子書籍オリジナルコミックとして配信する【小松左京の怖いはなし】。現在まで4作品がリリースされている話題の同シリーズから、「トラウマ必至!」の最恐コマベスト3を選出。3日連続でそのコマを紹介しよう。あなたにとって一番コワいのはどれ?

ベスト2 『骨』(呪みちる)

『骨』(呪みちる:マンガ、小松左京:著)

 男は裏庭に井戸を掘ってもらうことにした。男の家の水道は止まっており、湧き水だけでは心もとなかったからだ。  やがて井戸を掘っていた職人が、「悪い物が出やした」と言いながら、土の中で見つけた骨を持ってくる。骨といってもかなり古い時代のもので、すでに化石化している頭蓋骨だった。  掘り進めると、その下の土からはナウマン象の化石までが出てくる。どうやらこの裏庭には石器時代の遺跡が埋まっているらしい。さらに深く穴を掘る。すると今度は、縄文土器や埋葬された人骨が出てきた。  おかしいと思いませんか? 普通、地層というのは古い時代から新しい時代に向かって、下から上へと積み重なってい…

全文を読む

「トラウマ必至!」の最恐コマベスト3 【小松左京の怖いはなし『霧が晴れた時』】

「トラウマ必至!」の最恐コマベスト3 【小松左京の怖いはなし『霧が晴れた時』】

 『日本沈没など』のベストセラーで知られる作家・小松左京が遺したホラーの名品を、電子書籍オリジナルコミックとして配信する【小松左京の怖いはなし】。現在まで4作品がリリースされている話題の同シリーズから、「トラウマ必至!」の最恐コマベスト3を選出。3日連続でそのコマを紹介しよう。あなたにとって一番コワいのはどれ?

ベスト3 『霧が晴れた時』(稲垣みさお:マンガ、小松左京:著)

『霧が晴れた時』(稲垣みさお)

 休日を利用してハイキングに出かけた幸せそうな4人家族。駅前の温泉街を抜け、ハイキングコースに入ってしばらくすると、空が暗くなって、あたり一帯に霧がたちこめてくる。それは登山に慣れている父親でも、妙に感じるほどの濃い霧だった。  峠の茶屋で休憩することにした一家だったが、そこには人の姿はなかった。ちょっと前まで誰かがいたのか、ガス台におでん鍋がかかったままだ。  息子の竜彦は、「マリー・セレスト号みたいだね」と口にする。マリー・セレスト号というのは、乗組員が不自然な消失をとげたことで、世界のミステリー史に名を刻んでいる帆船だ。その状況とよく似ている…

全文を読む

小松左京さんが語った「SF作家だからできること」

小松左京さんが語った「SF作家だからできること」

 日本を代表するSF作家の小松左京さんが7月26日に亡くなった。     2003年8月号のダ・ヴィンチには、長年興味を抱いてきた与那国海底遺跡を初めて訪れた小松左京さんのインタビューが掲載されている。      「小説のための取材」というより、まず好奇心ありき、で行動するという小松さんは、70年代にもイースター島やアトランティス伝説もささやかれる地中海サントリーニ島遺跡も訪れている。  「子どもの頃に世界文学全集で、ダンテの『神曲』を読んでね、その地下の描写に夢中になった。その影響で、地球の地殻変動に興味を持つようになったんだ。イタリアにはポンペイの遺跡など、地殻変動や火山の噴火で一瞬にして消滅した文明がたくさ発見されている」       遠い過去に滅びた文明の記憶は、ヨーロッパでは洪水伝説と共に語られることが多い。だが、歴史は常に中央の論理で語られがちなものだ。未だ発見されていない遺跡や資料は、今後も十分見つかる可能性がある。      「歴史なんて、たった1つの大発見であっという間に塗り替えられてしまうんだよ。つい最近も、弥生時代の年代…

全文を読む

「小松左京」のおすすめ記事をもっと見る

「小松左京」のレビュー・書評をもっと見る

「小松左京」の本・小説

地には平和を (角川文庫)

地には平和を (角川文庫)

作家
小松左京
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-06-27
ISBN
9784041086087
作品情報を見る
復活の日 (角川文庫)

復活の日 (角川文庫)

作家
小松左京
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-24
ISBN
9784041065815
作品情報を見る
ロボット篇 幽霊ロボット/ヴォミーサ (SFショートストーリー傑作セレクション)

ロボット篇 幽霊ロボット/ヴォミーサ (SFショートストーリー傑作セレクション)

作家
星新一
筒井康隆
小松左京
日下三蔵
旭ハジメ
出版社
汐文社
発売日
2018-12-27
ISBN
9784811325477
作品情報を見る
未来篇 人口九千九百億/緑の時代 (SFショートストーリー傑作セレクション)

未来篇 人口九千九百億/緑の時代 (SFショートストーリー傑作セレクション)

作家
星新一
筒井康隆
眉村卓
小松左京
河野 典生
日下三蔵
星野 勝之
出版社
汐文社
発売日
2019-02-23
ISBN
9784811325491
作品情報を見る
やぶれかぶれ青春記・大阪万博奮闘記 (新潮文庫)

やぶれかぶれ青春記・大阪万博奮闘記 (新潮文庫)

作家
小松左京
出版社
新潮社
発売日
2018-09-28
ISBN
9784101097121
作品情報を見る
時間篇 人の心はタイムマシン/時の渦 (SFショートストーリー傑作セレクション)

時間篇 人の心はタイムマシン/時の渦 (SFショートストーリー傑作セレクション)

作家
星新一
筒井康隆
小松左京
平井和正
日下三蔵
456
出版社
汐文社
発売日
2018-11-27
ISBN
9784811325460
作品情報を見る
ゴルディアスの結び目 (角川文庫)

ゴルディアスの結び目 (角川文庫)

作家
小松左京
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-09-22
ISBN
9784041073261
作品情報を見る

「小松左京」人気の作品ランキングをもっと見る

「小松左京」の関連画像・写真

「小松左京」の関連画像・写真をもっと見る