読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大江健三郎

職業・肩書き
作家
ふりがな
おおえ・けんざぶろう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1935年愛媛県生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。58年『飼育』で第39回芥川賞を受賞。以後、戦後民主主義者として現代日本文学の最前線で活躍し、数々の文学賞を受賞する。94年には、日本人では2人目となるノーベル文学賞を受賞。2006年に大江健三郎賞設立。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1958年
『飼育』第39回芥川賞
1964年
『個人的な体験』第11回新潮社文学賞
1967年
『万延元年のフットボール』第3回谷崎潤一郎賞
1973年
『洪水はわが魂に及び』第26回野間文芸賞
1983年
『『雨の木』を聴く女たち』第34回読売文学賞
1983年
『新しい人よ眼ざめよ』第10回大仏次郎賞
1984年
『河馬に噛まれる』第11回川端康成文学賞
1990年
『人生の親戚』第1回伊藤整文学賞
1994年
ノーベル文学賞
2009年
『臈たしアナベル・リイ総毛立ちつ身まかりつ』第7回21世紀年度最優秀外国小説(中国)

「大江健三郎」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

注目の新刊 『晩年様式集 イン・レイト・スタイル』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

注目の新刊 『晩年様式集 イン・レイト・スタイル』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

3.11後、大きく動揺していた「私」はようやく恢復し、「晩年様式集 イン・レイト・スタイル」という文章を書き始めた。東日本大震災以後の緊迫した状況を背景に、2年近くにわたって雑誌『群像』に連載された最新作。老境の円熟を拒否し、大惨事に挑む傑作。

全文を読む

大江健三郎 Interview long Version 2010年1月号

大江健三郎 Interview long Version 2010年1月号

取材・文=榎本正樹 写真=川口宗道

おおえ・けんざぶろう●1935年愛媛県生まれ。東京大学文学部仏文学科卒。58年『飼育』で第39回芥川賞を受賞。以後、戦後民主主義者として現代日本文学の最前線で活躍し、数々の文学賞を受賞する。94年には、日本人では2人目となるノーベル文学賞を受賞。2006年に大江健三郎賞を設立。 『水死』 大江健三郎 講談社 各2100円 母の死から10年、妹のアサは「兄さんに『赤革のトランク』を渡すときが来た」と告げた。父親の死に関する資料が詰まったそれは、私が父の『水死小説』を書くのに絶対的に必要なものだった。執筆の準備を進めるなかで出会った劇団「穴居人」の女優・ウナイコ。彼女とのやりとりを通じて、古義人自身も大きな変革を迫られることに――。

自分の父親がどういう人間だったのか知るために、小説家になったというべきかもしれません

父親を本格的に描いた初めての小説 大江健三郎さんの『水死』は、水死した父親の死の情景を何度も夢に見る小説家・長江古義人(ちょうこうこぎと)が、「水死小説」を書くことで父親像を復元し直そ…

全文を読む

大江健三郎 Interview long Version 2005年9月号

大江健三郎 Interview long Version 2005年9月号

取材・文/榎本正樹 撮影/川口宗道

大江健三郎(おおえ・けんざぶろう) 1935年愛媛県生まれ。東京大学文学部仏文科卒。 在学中に執筆した『奇妙な仕事』で東大新聞の五月祭賞を受賞して文壇デビュー。 58年に『飼育』で芥川賞を、64年に『個人的体験』で新潮社文学賞を、67年に『万延元年のフットボール』で谷崎潤一郎賞を受賞。以降も数々の文学賞を受賞し、戦後文学の継承者として名実ともに現代日本文学の最前線で活躍。94年に日本人としては2人目のノーベル文学賞を受賞する。 『さようなら、私の本よ!』 大江健三郎 講談社 2100円 安保デモのパフォーマンスに参加した古義人は頭部に重傷を負い、初めての入院をしていた。見舞いに訪れた古義人の旧友・建築家の椿繁は、静養が必要な古義人の隣人として自分も北軽井沢で暮らすという。退院後に始まったこの共同生活には繁のもとに若者が数人合流する。やがて古義人は彼らが東京でのテロを計画していることを知り、軟禁状態におかれる。創作意欲を失っていた古義人に対し、繁はこの計画をモデルに小説を書けとすすめるのだが……。老人…

全文を読む

「大江健三郎」のおすすめ記事をもっと見る

「大江健三郎」の本・小説

みずから我が涙をぬぐいたまう日 (講談社文庫)

みずから我が涙をぬぐいたまう日 (講談社文庫)

作家
大江健三郎
粟津 潔
出版社
講談社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784061312470
作品情報を見る
燃えあがる緑の木〈第3部〉大いなる日に (新潮文庫)

燃えあがる緑の木〈第3部〉大いなる日に (新潮文庫)

作家
大江健三郎
出版社
新潮社
発売日
1998-03-02
ISBN
9784101126203
作品情報を見る
われらの狂気を生き延びる道を教えよ (新潮文庫)

われらの狂気を生き延びる道を教えよ (新潮文庫)

作家
大江健三郎
出版社
新潮社
発売日
1975-11-27
ISBN
9784101126098
作品情報を見る
ヒロシマ・ノート (岩波新書)

ヒロシマ・ノート (岩波新書)

作家
大江健三郎
出版社
岩波書店
発売日
1965-06-21
ISBN
9784004150275
作品情報を見る
1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

作家
三島由紀夫
石川達三
杉本苑子
大江健三郎
開高健
井上靖
山口瞳
松本清張
丸谷才一
小田 実
渡辺 華子
柴田錬三郎
阿川弘之
曾野綾子
瀬戸内 晴美
有吉佐和子
石井好子
安岡章太郎
岡本 太郎
小林秀雄
中野好夫
会田 雄次
菊村 到
石井 正己
大宅壮一
司馬遼太郎
亀倉 雄策
市川 崑
沢木耕太郎
石原慎太郎
遠藤周作
平林たい子
武田泰淳
松永伍一
星新一
出版社
河出書房新社
発売日
2014-01-21
ISBN
9784309022536
作品情報を見る
恢復する家族

恢復する家族

作家
大江健三郎
大江ゆかり
出版社
講談社
発売日
1995-02-07
ISBN
9784062075107
作品情報を見る
万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)

作家
大江健三郎
加藤典洋
出版社
講談社
発売日
1988-04-04
ISBN
9784061960145
作品情報を見る
あいまいな日本の私 (岩波新書)

あいまいな日本の私 (岩波新書)

作家
大江健三郎
出版社
岩波書店
発売日
1995-01-31
ISBN
9784004303756
作品情報を見る

「大江健三郎」人気の作品ランキングをもっと見る