読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

作家
三島由紀夫
石川達三
杉本苑子
大江健三郎
開高健
井上靖
山口瞳
松本清張
丸谷才一
小田 実
渡辺 華子
柴田錬三郎
阿川弘之
曾野綾子
瀬戸内 晴美
有吉佐和子
石井好子
安岡章太郎
岡本 太郎
小林秀雄
中野好夫
会田 雄次
菊村 到
石井 正己
大宅壮一
司馬遼太郎
亀倉 雄策
市川 崑
沢木耕太郎
石原慎太郎
遠藤周作
平林たい子
武田泰淳
松永伍一
星新一
出版社
河出書房新社
発売日
2014-01-21
ISBN
9784309022536
amazonで購入する

1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

makimakimasa

「筆のオリンピック」とも呼ばれた1964五輪の、当時の新聞雑誌に掲載された、有名作家達による評論及び観戦記etc。三島由紀夫の文章をほぼ初めて読んだけど、他とは一線を画す洞察、感性、含蓄が伺えた。個人的には、後年に沢木耕太郎が市川崑にインタビューした対談記事が最も読み応えあった。また印象的だったのが、地味になりがちな閉会式のエピソード。戦い終わって解放感溢れる選手達の思わぬ無秩序振りに、各人が好意的な反応を示している。50年以上昔の日本の熱狂、時に皮肉、そして祭りの後の虚脱感、そんな空気を今に伝える一冊。

2019/08/07

よし

作家達のオリンピック感戦記。心にしみたエッセイをあげる。第一は、杉本苑子「あすの祈念」たまたま、NHK野正月番組で取りあげられていた。同じ神宮の森で、学徒出陣との対比。雨と快晴。戦争と平和。大江健三郎「原爆の子はひた走る」有吉佐和子「魔女は勝った」安岡章太郎「男子百メートル走 不動の美しさ」小林秀雄「オリンピックのテレビ」大宅壮一、司馬遼太郎、三島由紀夫の対談「敗者復活五輪大会」、市川崑、沢木耕太郎対談「」「映画とオリンピック」はとくによかった。名文もまた、映像とは別の感動を呼び起こす。図書館本が痛い。

2020/01/05

やまとさくら

【特派記者】としての、作家さんの観戦記。興味深く読みました。開会式から競技、閉会式へと疑似体験。。本文では【オリンピック疲れ】。。読後は1964オリンピックロス、な感じです◎当時から20年前、出兵してゆく学徒兵を見送った競技場。戦中戦後の日章旗への嫌な思いが塗り替えられた◎下水道が二割。松本清張氏は終始否定的◎英語での疑問文からYES・NOの解釈の違い◎私の一番は、三島由紀夫氏の男子1500メートル自由形。氏のを拾って二度読み~◎最終の メダリストの大会後。。

2019/06/29

Yuka

パラリンピック関連本はたくさん読んできたけどオリンピック関連本はそこまで読んでなくて。タイトルはオリンピックだけど、パラリンピックのことも1割程度だけど書いてあった! 64年のオリンピックがどうだったのかって、白黒の映像をちょっと観たことあるくらいであんまり印象になかったけれど、数々の文豪たちが開会式や各種競技をそれぞれの視点で描いているからこそすごく鮮やかで、冷ややかな目線の文章もあるからこそよりリアルに感じた!。 2020年でも多くの作家さんにどんな風に映ったのか、書いて欲しいなぁ。

2020/02/01

ポン

『映画とオリンピック』対談沢木耕太郎×市川崑  オリンピックについての書籍を書かれている沢木氏と映画『東京オリンピック』を撮られた市川監督との対談

2015/10/09

感想・レビューをもっと見る