読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

作家
赤川次郎
江國香織
角田光代
田丸雅智
中島京子
原田マハ
森浩美
吉本ばなな
出版社
双葉社
発売日
2020-03-11
ISBN
9784575523287
amazonで購入する

「1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)」のおすすめレビュー

ほんの10分間の読書で心が浮遊し、“今”を忘れることができる……。世界17言語に翻訳された、江國香織ほか人気作家8人の紡ぐ物語

『1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作』(双葉社)

 小説を読むという行為は、存外、脳のカロリーを消費する。そのため、心や体の体力が低下しているときは、読みたいという気持ちがあってもなかなか集中できないことが多い。そんなとき、ちょっとした気分転換にぴったりなのが『1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作』(双葉社)。NHK WORLD-JAPANのラジオ番組で、世界17言語に翻訳して朗読された小説シリーズ第二弾。赤川次郎、江國香織、角田光代、田丸雅智、中島京子、原田マハ、森浩美、吉本ばななという8名の錚々たる作家たちが名を連ねている。

 1日10分、というだけあって、本書に収録されている小説はどれもとても短い。それぞれの作家に与えられたページ数はだいたい同じだが、3編を書いた赤川次郎さんの作品は短編というよりはショートショートで、1編あたり3~4分で読み終えることができるだろう。だが、その短さのなかに謎と驚きが詰め込まれ、かつ読後感はさわやかだ。しかも冒頭には「著者のひとり言」と称して、執筆の背景を思わせるような数行コ…

2020/4/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かずー

8人の作家の短編集。どの作品もよかったが特に赤川次郎、江國香織、中島京子、原田マハがよかったかな。これらは人の優しさに触れられる作品であり、改めてそういう作品が好みなんだなと思った。

2020/07/20

ひさか

2020年3月双葉文庫刊。シリーズ2作目。NHK WORLD-JAPAN のラジオ番組で、世界17言語に翻訳して朗読された中から、赤川次郎:仕事始め、便利な結婚、代筆、江國香織: 晴れた空の下で、江國香織:南ケ原団地A号棟、角田光代:旅する本、田丸雅智:海酒、綿雲堂、中島京子:妻が椎茸だったころ、原田マハ:誕生日の夜、森浩美:最後のお便り、吉本ばなな:みどりのゆび、の8名、12作品を収録。良い話が多く楽しめました。朗読を聴いてみたくなります。

2021/01/10

Hapico @凍結中♡⛄️

8人の豪華作家さん達のアンソロジー。 クスッと笑える面白い話から、涙ありの感動作品や、温かみのある物語等、全部楽しめました。1日10分程度で読める小さな物語なので、読みやすくてストレスなく読めた。個人的に好みの作品は、中島京子さんの「妻が椎茸だったころ」お料理教室で頑張って覚えたちらし寿司。あたたかみのある物語だった。原田マハさん「誕生日の夜」は、女の友情の物語。森浩美さん「最後のお便り」は涙が出て泣けました。1日10分のしあわせの方も読むのが楽しみ♪

2020/09/14

TakaUP48

NHK国際放送が選んだ日本の名作として、赤川次郎・江國香織・角田光代・田丸雅智・中島京子・原田マハ・森浩美・吉本ばななの8人のキラリと光る小品の数々が並ぶ。スマートなオチで終わる赤川氏の3作品。角田光代「旅する本」は、ある本と私の不思議な運命の話。田丸雅智の「梅酒」と思ったら「海酒」だった!不思議なスナック。雲を売る店「綿雲堂」などよくぞ異空間を考えたと感心させられた。中島京子の「妻が椎茸だったころ」は、うなずける部分もあるが、う~む。森浩美の「最後のお便り」は、良い息子だよな~、自分と比較してみたり…。

2020/08/19

☆よいこ

短編集[仕事始め︰赤川次郎]振袖[便利な結婚︰赤川次郎]偽装結婚[代筆︰赤川次郎]恋文[晴れた空の下で︰江國香織]卵焼きと手毬麸のみそ汁[南ケ原団地A号棟︰江國香織]隣の芝生[旅する本︰角田光代]世界の古本屋[海酒︰田丸雅智]ふるさとの海[綿雲堂︰田丸雅智]雲を飼育[妻が椎茸だったころ︰中島京子]料理教室[誕生日の夜︰原田マハ]幼馴染[最後のお便り︰森浩美]ラジオ[みどりのゆび︰吉本ばなな]アロエ▽どれも秀逸素晴らしい堪能しました。海酒を梅酒と空目した、やられた。

2020/12/16

感想・レビューをもっと見る