読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

作家
赤川次郎
江國香織
角田光代
田丸雅智
中島京子
原田マハ
森浩美
吉本ばなな
出版社
双葉社
発売日
2020-03-11
ISBN
9784575523287
amazonで購入する

「1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)」のおすすめレビュー

ほんの10分間の読書で心が浮遊し、“今”を忘れることができる……。世界17言語に翻訳された、江國香織ほか人気作家8人の紡ぐ物語

『1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作』(双葉社)

 小説を読むという行為は、存外、脳のカロリーを消費する。そのため、心や体の体力が低下しているときは、読みたいという気持ちがあってもなかなか集中できないことが多い。そんなとき、ちょっとした気分転換にぴったりなのが『1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作』(双葉社)。NHK WORLD-JAPANのラジオ番組で、世界17言語に翻訳して朗読された小説シリーズ第二弾。赤川次郎、江國香織、角田光代、田丸雅智、中島京子、原田マハ、森浩美、吉本ばななという8名の錚々たる作家たちが名を連ねている。

 1日10分、というだけあって、本書に収録されている小説はどれもとても短い。それぞれの作家に与えられたページ数はだいたい同じだが、3編を書いた赤川次郎さんの作品は短編というよりはショートショートで、1編あたり3~4分で読み終えることができるだろう。だが、その短さのなかに謎と驚きが詰め込まれ、かつ読後感はさわやかだ。しかも冒頭には「著者のひとり言」と称して、執筆の背景を思わせるような数行コ…

2020/4/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

バニラン

梅雨時の気鬱な気分をホッと癒してくれるような物語のショート集でした。 題名のごとき、家事の合間にお茶を飲みながら一編ずつ、ゆっくりゆっくり読みました。 どれも優しい心に染みる話しでした。最後のお便り(森浩美)で泣いて、誕生日の夜(原田マハ)で友情に熱くなり、妻が椎茸だった頃(中島京子)で笑い、綿雲堂(田丸雅智)旅する本(角田光代)でファンタジーに浸りました。 同シリーズの本をもう一冊読もうと思っています。

2020/06/28

陽子

ラジオ放送番組で紹介された作品が一冊の本に。有名作家の短編集。印象に残ったのは、中島京子と森浩美の短編。特に森浩美の『最後のお便り』は切なくて鼻がツンとした。読書時間がゆっくり取れなくても、気軽に開ける素敵な一冊だった。

2020/06/27

ピロ麻呂

タイトル通り10分で読める短編ばかり。原田マハさんのがよかった。「独立記念日」で既読済みだったけど、完全に忘れてました(^_^;)

2020/03/19

さよちゃん

8人の作家さんの短編。病院での待ち時間に…と思って持参した本だけど、待ち時間が苦にならないくらいどの作品も良かった。赤川次郎さんの「仕事始め」初めましての作家さんであり、気になってた田丸雅智さんの「海酒」中島京子さんの「妻が椎茸だったころ」がお気に入り。江國香織さんの「晴れた空の下で」は今まで何度読んだだろう…何度読んでも大好きな作品である事を改めて思った。贅沢で充実の一冊でした。

2020/05/12

チョコ

どの話もとても良かった。短いのにホロッと泣かされる話がいくつか、ニヤリとしちゃうもの、不思議なワクワクのものなどなど。いい本ありがとう~。

2020/04/12

感想・レビューをもっと見る