読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

赤川次郎

職業・肩書き
作家
ふりがな
あかがわ・じろう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1948年、福岡県出身。76年『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。「三毛猫ホームズ」「幽霊」「鼠」シリーズなど映像化された作品は多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1976年
『幽霊列車』第15回オール読物推理小説新人賞
1980年
『悪妻に捧げるレクイエム』第7回角川小説賞
2005年
第9回日本ミステリー文学大賞
2016年
『東京零年』第50回吉川英治文学賞

「赤川次郎」のおすすめ記事・レビュー

斎藤工×二階堂ふみで34年ぶりに赤川次郎『探偵物語』が映像化!

斎藤工×二階堂ふみで34年ぶりに赤川次郎『探偵物語』が映像化!

『探偵物語』(赤川次郎/KADOKAWA)

 赤川次郎のミステリー小説『探偵物語』が、斎藤工と二階堂ふみの主演でドラマ化されることが決定。34年ぶりの映像化とあって、「楽しみすぎる! 早く見たい!」とファンから期待の声が寄せられている。

 同作は、ドジばかりで探偵として崖っぷち状態の辻山秀一と、彼がボディーガード兼お守りを務めているおてんばなお嬢様・新井直美が繰り広げるミステリーラブロマンス。辻山はあと5日でアメリカへ旅立つという直美と行動を共にするのだが、そこである殺人事件に遭遇。2人は真犯人を探すうちに徐々に距離を縮めていく。

 1983年に松田優作、薬師丸ひろ子で映画化され、1984年には柄本明と渡辺典子によりテレビドラマも放送されている。今回は辻山を斎藤、直美を二階堂が演じ、夏木マリ、吹越満、長谷川京子、國村隼といった実力俳優陣も集結。「工くんもふみちゃんも独特の雰囲気持ってるから面白そう」「リアルタイム世代だけどこの2人だとどんな仕上がりになるのか楽しみ!」と様々な世代から注目を集めている。

 斎藤は俳優の大先輩たちから辻山というキャラクター…

全文を読む

【BOOK☆WALKER】『鼠、江戸を疾る』TVドラマ放送記念 半額キャンペーン実施中!(2/6まで)

【BOOK☆WALKER】『鼠、江戸を疾る』TVドラマ放送記念 半額キャンペーン実施中!(2/6まで)

 電子書籍ストアのBOOK☆WALKERでは、2月6日(木)までの期間限定で、『鼠、江戸を疾る』TVドラマ放送記念キャンペーンを実施する。<鼠>シリーズ全品が対象で半額になる。あわせてポイント3倍キャンペーンも実施しており、こちらは 14日(金)まで続く。

 『鼠、江戸を疾る』は、赤川次郎氏「初」の時代小説で、江戸時代に実在した窃盗犯・鼠小僧に、赤川氏が新解釈を加えた痛快エンタテインメント作品。鼠小僧こと「甘酒屋次郎吉」は、知る人ぞ知る遊び人だが、江戸の庶民の幸せを踏みにじる巨悪の横暴を許さんとし、妹で小太刀の達人「小袖」とともにさまざまな事件を解決していく。TVドラマでは、滝沢秀明が鼠小僧を演じる。

この機会に、『三毛猫ホームズ』や『三姉妹探偵団』など数多くの人気シリーズを手掛ける赤川氏の<鼠>シリーズを読破してみてはどうだろうか。

キャンペーン詳細 BOOK☆WALKER公式ページ

全文を読む

注目の新刊 『とっておきの幽霊 怪異名所巡り7』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

注目の新刊 『とっておきの幽霊 怪異名所巡り7』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

妹の霊を売り込みにきた男、旅行帰りに突然姿を消した妻……家族の問題から仕事のトラブルまで、様々な事件を霊感バスガイドがすっきり解決。警察や司法の力で解決できない謎に立ち向かう、「幽霊と話せる」名物ガイド・町田藍の活躍が痛快だ。人気シリーズ第7巻。

全文を読む

注目の新刊 『三毛猫ホームズの闇将軍』 ダ・ヴィンチ2013年9月号

注目の新刊 『三毛猫ホームズの闇将軍』 ダ・ヴィンチ2013年9月号

警視庁の片山刑事とその妹・晴美。三毛猫ホームズ、石津刑事。お馴染みのメンバーが活躍するシリーズ第49弾。晴美の高校時代の友人・紀美江が殺され、晴美は彼女と交流のあったのぞみに会う。のぞみはわけありの大金を手にいれ、トラブルに巻き込まれてゆく。

全文を読む

相葉雅紀語る「嵐のゴールは“みんなに必要とされなくなった時”」

相葉雅紀語る「嵐のゴールは“みんなに必要とされなくなった時”」

 ドラマ『三毛猫ホームズの推理』が好調だ。ダ・ヴィンチ6月号の特集「男と、本。」では、主演の相葉雅紀と「三毛猫ホームズ」シリーズの原作者である赤川次郎が対談を行っている。   ──おふたりとも、これまで長い道のりを歩み続けてこられました。「三毛猫ホームズ」シリーズは34年、嵐は13年です。「続ける」うえで、意識的に実践されてきたことはありますか?

赤川 僕は普段、DVDで古い名作映画を観たり、あとは劇場に通うことが多いんです。お芝居、オペラ、バレエとなんでも見に行きます。それは小説のネタにするために行くんじゃなくて、「世の中にはすごい人がいるんだな」という気持ちになりたいがために行くんです。「自分なんかとても及ばないな」という気持ちにいつもなっているのが、続けていくうえでは一番いいと思うんですね。

相葉 僕の場合は……嵐というグループでの活動もそうですが、ゴールがないんですよね。

赤川 作家もそうですよ。定年がないので。

相葉 そうですよね! でも先生は、読者に求められて書き続けてらっしゃるじゃないですか。そう考えると、僕の場合は、みんなに必要…

全文を読む

赤川次郎 嵐・相葉主演の『三毛猫ホームズ』ドラマに「楽しみ」

赤川次郎 嵐・相葉主演の『三毛猫ホームズ』ドラマに「楽しみ」

 三毛猫ホームズはギネスブック級の長寿猫である。初登場以来まもなく34年、最新刊の『三毛猫ホームズの夢紀行』はなんとシリーズ第48弾になる。もちろんホームズの若々しい艶やかな毛並みは変わらず、飼主である片山義太郎・晴美の兄妹や、晴美の恋人である石津刑事も健在だ。

今回の作品は、恋愛は恋愛でも、引きこもりの若者が、バーチャルリアリティの世界での恋愛に入り込んでいる。

 「生身の人間との接触ができなくなるということの怖さを、今の若い人を見ていると感じるんですね。女の子と付き合うのは、振られるからいやだとか、傷つくのがいやだとか。振られたり傷ついたりしないと、人間は成長しない。そういう経験を重ねて大人になっていくわけでしょう。なんだかそうした感覚がなくなってますね。直接的な付き合いは避けられるなら避けたい。最初から近寄らないというか、バーチャルですむならそれでいいという。現実の女性と付き合ったら、思い通りには絶対いかないわけです。そういうことにたいして、あまり免疫ができていないような気がします」    人は永久にバーチャルの世界にはいられない。  …

全文を読む

「赤川次郎」のおすすめ記事をもっと見る

「赤川次郎」のレビュー・書評をもっと見る

「赤川次郎」の本・小説

灰色のパラダイス: 杉原爽香〈45歳の冬〉 (光文社文庫)

灰色のパラダイス: 杉原爽香〈45歳の冬〉 (光文社文庫)

作家
赤川次郎
出版社
光文社
発売日
2018-09-11
ISBN
9784334777135
作品情報を見る
綱わたりの花嫁 (ジョイ・ノベルス)

綱わたりの花嫁 (ジョイ・ノベルス)

作家
赤川次郎
出版社
実業之日本社
発売日
2016-12-16
ISBN
9784408505527
作品情報を見る
冒険入りタイム・カプセル (徳間文庫)

冒険入りタイム・カプセル (徳間文庫)

作家
赤川次郎
出版社
徳間書店
発売日
2018-09-07
ISBN
9784198943851
作品情報を見る
怪奇博物館 (講談社コミックスなかよし)

怪奇博物館 (講談社コミックスなかよし)

作家
松本洋子
赤川次郎
出版社
講談社
発売日
1991-07
ISBN
9784061786912
作品情報を見る
金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 (角川文庫)

金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 (角川文庫)

作家
赤川次郎
有栖川有栖
小川勝己
京極夏彦
柴田よしき
服部まゆみ
菅浩江
栗本薫
北森鴻
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2012-11-22
ISBN
9784041005729
作品情報を見る

「赤川次郎」人気の作品ランキングをもっと見る

「赤川次郎」の関連画像・写真

「赤川次郎」の関連画像・写真をもっと見る