読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

認知行動療法における治療関係: セラピーを効果的に展開するための基本的態度と応答技術

認知行動療法における治療関係: セラピーを効果的に展開するための基本的態度と応答技術

認知行動療法における治療関係: セラピーを効果的に展開するための基本的態度と応答技術

作家
S.ムーリー
A.ラベンダー
鈴木伸一
畑 琴音
田中 恒彦
岡嶋 美代
髙垣 耕企
金井 嘉宏
小川 祐子
小林 奈穂美
筒井 順子
井合 真海子
小関 俊祐
岡島 義
出版社
北大路書房
発売日
2020-10-27
ISBN
9784762831317
amazonで購入する

認知行動療法における治療関係: セラピーを効果的に展開するための基本的態度と応答技術 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Go Extreme

治療関係の構築:セラビストの特性と変容 治療同盟:協働関係構築と課題への対応 対人関係スキーマ:CBTにおける転移と逆転移の理解 特定の疾患や問題における治療関係 うつ病 全般不安症 バニック症・限局性恐怖症・広場恐怖症・社交不安症 強迫症および醜形恐怖症 医学的に説明のつかない身体症状 心的外傷後ストレス障害 精神病性障害 摂食障害 身体疾患と緩和ケア パーソナリティ障害 若者への認知行動療法 高齢者 治療関係の中における文化差の問題 グループCBT カップルセラピー スーパービジョン治療関係

2020/12/13

感想・レビューをもっと見る