読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

みをつくし料理帖(全10巻)+みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た 時代小説文庫)

みをつくし料理帖(全10巻)+みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た  時代小説文庫)

みをつくし料理帖(全10巻)+みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た 時代小説文庫)

作家
高田郁
出版社
角川春樹事務所
発売日
2014-09-01
ISBN
9784758438445
amazonで購入する

ジャンル

みをつくし料理帖(全10巻)+みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た 時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まじゅ

万人に推したい作品。これに夢中になれない日本人はいるのか?と思うくらい超絶な良本。

2017/01/10

はち

辛い過去を背負った人達が家族のように支え合い料理屋を営む。澪のつくる料理は、懸命に生きる人をより健康にするための心づくしの善、時には亡き人を偲ぶ面影善。考え出される料理ひとつひとつに心温まる物語がある。自分のことより他人のことを想う。本当に辛い時、その人を助けるのは口から入る優しい味わいと、背中をさすってくれる手のひら。巧みな言葉はいらない。不器用でも本当の優しさが伝わってくる...そんな話だった。りうさんの言葉が良い味をだし、私の胸にも沁みわたった。「生きていて良かった。と自分で思える...」

2019/01/18

再読! ドラマが始まり、見ていたら話が変わっていたりとドラマはドラマでいいのですが、原作の雰囲気を楽しみたくて再度し始めたが、何度読んでも最高!

2017/05/18

ワカメちゃん。

去年、全巻読了して、ハマりにハマりまくったみをつくしシリーズ。 図書館で借りてたんだけど、古本屋さんで見かけるたびに買いそろえていって、 全巻揃ったので、万を持して、夏休みに読み返し。 ハァ~やっぱりいい! なんたって小松原さまが好き! 後半、小松原さまがあまり出てこなくて、さみしいけれど、 買いそろえたからには、 また思い返したときに読み返そうっと。

2016/08/19

ぽてこ

先が気になり、心温かくなるお話です。 料理を丁寧にやりたくなります。 また読みたい一冊です。

感想・レビューをもっと見る