読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ 2020年10月臨時増刊号 総特集◎別役実の世界 ―1937-2020―

ユリイカ 2020年10月臨時増刊号 総特集◎別役実の世界 ―1937-2020―

ユリイカ 2020年10月臨時増刊号 総特集◎別役実の世界 ―1937-2020―

作家
岩松了
岡室美奈子
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
佐藤信
柄本明
出版社
青土社
発売日
2020-09-11
ISBN
9784791703913
amazonで購入する Kindle版を購入する

ユリイカ 2020年10月臨時増刊号 総特集◎別役実の世界 ―1937-2020― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

令和2年9月20日発行 第52巻第12号(通巻764号) 10月臨時増刊号 定価:本体1800円(税別) 編集人:樫田祐一郎 発行人:清水一人 発行所:青土社 装丁:重実生哉 表3・目次写真:三橋純 印刷所:ディグ 製本所:和光堂 未発表原稿「もの言わぬものがたり」 マンガ:小原槇司 対談:佐藤信×柄本明 座談会:岩松了×岡室美奈子×ケラリーノ・サンドロヴィッチ エッセイ:べつやくれい、藤原新平、鈴木忠志、小室等 吉田喜重、池辺晋一郎、橋爪功、谷山浩子、林次樹、内田洋一

2020/12/27

ゆうやけPC

「淋しいおさかな」はもう一度読んでみたい。古本屋にないかな?

2020/11/10

justdon'taskmewhatitwas

「芝居は金にならない。テレビのようにコピーで見せられない。演劇は消費されることを拒み、蓄積される。消費されないことに有効性を見出す文化財。その意味において反逆的であり、現代社会の非人間性を解消する手立てとなり得る」とまで仰ってたとは初耳。スゴイ、と思いません?

2020/10/27

感想・レビューをもっと見る