読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

姜尚美

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
かん・さんみ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1974年京都市生まれ。立命館大学の法学部法学科卒業。編集者、ライター。京都造形芸術大学通信教育部の学習や交流ができるWebサイト「airU」にて、教員として芸術教養研究1と芸術教養研究3を担当。専門分野は、風土と食文化。京都、フランス、韓国などの分野のほか、食べること全般を好む。京阪神エルマガジン社の月刊誌「Meets Regional」や「Lmagazine」などの雑誌編集部で勤務したのち、2007年からフリーランスに転身。

2010年3月に『何度でも食べたい。あんこの本』(京阪神Lマガジン)が発売。和菓子の定番であるあんこに注目し、全国各地の職人が作る小豆を使ったお菓子や名店、あんこの豆知識などを紹介した。本作はロングセラーとなり、2018年3月に文藝春秋から文庫判と電子書籍が発売。特典として、単行本の発売後から続いた7年半分の記録「あんこ日記」も特別収録された。

2012年5月に『京都の中華』(京阪神Lマガジン)が発売。“京都でしか成り立たない味“として、にんにくなし餃子やかやくごはんのような焼飯、うどんだしの中華そばなどの味わい、名店ガイドなどを紹介した。2016年12月には文庫判と電子書籍(幻冬舎)が発売。『何度でも食べたい。あんこの本』と『京都の中華』は、TwitterやInstagramでも数多く紹介されている。2019年には「airU」で2019年度に開講する科目のテキスト『アートライティング4 まちを描く』(藝術学舎出版)にて、西谷真理子氏と青谷美羽氏と共著。

「姜尚美」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

注目の新刊 『京都の中華』 ダ・ヴィンチ2012年8月号

注目の新刊 『京都の中華』 ダ・ヴィンチ2012年8月号

特色ある歴史や文化をもった街・京都における中華料理とは? 京都在住のライターが、他の街とはちょっと違う、京都ならではの味付けの中華を提供してくれる名店を紹介する。美味しそうなカラー写真も多数掲載。食の歴史についても学べる贅沢な「京都本」でもある。

全文を読む

「姜尚美」のおすすめ記事をもっと見る

「姜尚美」の本・小説

京都の中華 (幻冬舎文庫)

京都の中華 (幻冬舎文庫)

作家
姜尚美
出版社
幻冬舎
発売日
2016-12-06
ISBN
9784344425477
作品情報を見る
何度でも食べたい。 あんこの本 (文春文庫)

何度でも食べたい。 あんこの本 (文春文庫)

作家
姜尚美
出版社
文藝春秋
発売日
2018-03-09
ISBN
9784167910433
作品情報を見る
アートライティング4 まちを描く

アートライティング4 まちを描く

作家
姜尚美
西谷真理子
青谷美羽
出版社
京都造形芸術大学 東北芸術工科大学 出版局 藝術学舎
発売日
2019-04-01
ISBN
9784909439130
作品情報を見る
あんこの本 何度でも食べたい

あんこの本 何度でも食べたい

作家
姜尚美
出版社
京阪神Lマガジン
発売日
2010-03-11
ISBN
9784874353165
作品情報を見る
京都の中華

京都の中華

作家
姜尚美
出版社
京阪神Lマガジン
発売日
2012-05-14
ISBN
9784874353837
作品情報を見る

「姜尚美」人気の作品ランキングをもっと見る