読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

作家は時代の神経である コロナ禍のクロニクル2020→2021

作家は時代の神経である コロナ禍のクロニクル2020→2021

作家は時代の神経である コロナ禍のクロニクル2020→2021

作家
高村薫
出版社
毎日新聞出版
発売日
2021-08-02
ISBN
9784620326948
amazonで購入する

作家は時代の神経である コロナ禍のクロニクル2020→2021 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

竹園和明

昨年に続くクロニクル第2弾。この1年間の考察事案は自ずとコロナと五輪、それに絡んだ政治と国民という事になる。著者は政治家ではなく作家という立ち位置からそれらを批評しているわけで、問題点を鋭く的確に指摘している点を評価すべき。降って湧いたようなコロナ禍に対し、右往左往して策も打てず国民を不安のどん底に陥れている政府与党最大の問題点は、この先何十年かのビジョンの欠如だろう。それを裏付けるようなそれぞれの考察は見事なまでに全部正解だ。しかし氏と同じ視点を我々が持たなければ、子供達に同じ思いをさせる事になるのだ。

2021/09/18

ぐうぐう

2020年春から翌年の春までに書かれた高村薫の時評を収録。『コロナ禍のクロニクル』とサブタイトルにあるように、コロナに触れない時評はほぼない。「国難に向き合うため求められるのは、前進する意志と事態の徹底した分析、そして国民への説明である」と2020年3月にすでに高村は指摘しているが、この言葉が今週の「サンデー毎日」に書かれていたとしても違和感がないのが、この国のコロナ対策が一年以上前からほとんど停滞していることを明らかにしている。(つづく)

2021/08/10

kum

2020年3月から2021年5月にかけて書かれた時評。コロナへの対応だけでなく、コロナ禍で浮き彫りになった(あるいはコロナに紛れて忘れられそうになっている)あらゆる問題についてバッサリと伐る。「さまざまな分野で非効率と劣化が進み、諸外国から周回遅れとなった日本の〈いま〉」には、課題もげんなりすることも山積みだけれど、無関心と慢心、そして楽観が生んだ現状であることは間違いなくそうなのだろうと思った。まずは現実を直視しなくてはいけない。

2021/08/24

遊々亭おさる

経済は一流、政治は二流と言われ、政治家が頼りなくても何とかなってきたこの国だが経済も二流に落ちた今、もはや先進国を名乗る資格はなく、年老いて過去の栄光に縋りつくばかりの三流国である。だがしかし、絶望するのはまだ早い。ピンチをチャンスに変え、新しい日本の形を作ろう。というような絶望と希望を織り交ぜて語られるコロナ渦の時評集。コロナ倒産による失業者の増加や少子化などにより経済的な発展が望めないならば、所得倍増より皆んなが少しずつ損をして国民全員が三食安心してご飯が食べられる社会を目指すほうが理に適っているか。

2021/10/20

水彩

ジャーナリストではなく、作家としての皮膚感覚でバッサバッサと斬っていく。コロナ、政治、経済、五輪、貧困多岐に渡って言葉を発する。本当にね、政治の体たらくったら。プランなき政府。国際的な価値観から取り残されている。相変わらずの社会不平等。弱き者は切り捨てられるのか。

2021/12/02

感想・レビューをもっと見る