読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

路傍の石(上) (まんが学術文庫)

路傍の石(上) (まんが学術文庫)

路傍の石(上) (まんが学術文庫)

作家
山田一喜
山本有三
出版社
講談社
発売日
2018-12-11
ISBN
9784065121276
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

時代は明治後期。地方都市に住む愛川吾一は町一番の秀才であった。が、酒浸りの父のせいで進学が許されず、丁稚奉公に出される。歯を食いしばり、自らの逆境を跳ね返し成長していく吾一。人はつらいときほど成長する。負けてはいけない。金がなくても。道ばたの石ころのような扱いを受けようともーーーー「君たちはどう生きるか」の成立にも関わった作家・山本有三の代表作「路傍の石」を完全まんが化!

路傍の石(上) (まんが学術文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tban

これこそ元祖「君たちはどう生きるか」 久しぶりに「路傍の石」を読んだ。球根をかじる エピソードがなかったのは個人的にがっかりだが、 バージョンによって、描かれる範囲が違うだけに 自分が読んでいたのは、(下)の途中までで、見知らぬ 話が含まれた完全版を読めたのはありがたい。 おきぬは、こんなっだたかな~、もっとマドンナ感が 有ったと思っていたが、認識を改められました。 原作も読み返してみたくなります。

2018/12/10

感想・レビューをもっと見る