読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大島弓子 fan book ピップ・パップ・ギーととなえたら

大島弓子 fan book ピップ・パップ・ギーととなえたら

大島弓子 fan book ピップ・パップ・ギーととなえたら

作家
大島弓子
嶽本野ばら
東浩紀
松田青子
坂本美雨
二ノ宮知子
山口美生
萩尾望都
松岡博治
山田美己子
田中稲
和久井香菜子
白峰彩子
図書の家
小西優里
岸田志野
卯月もよ
ヤマダトモコ
三浦沙良
青月社
出版社
青月社
発売日
2015-01-23
ISBN
9784810912791
amazonで購入する

大島弓子 fan book ピップ・パップ・ギーととなえたら / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

TKK

ふわふわしていてエキセントリックで、登場する少女たちは常々尾崎翠の小説の少女に重なるなと思っていた。今でいう不思議ちゃん。「今日は明日の前日だからこわくてしかたないんです」なんてエッジが効いてること。エプロンドレスのチビ猫も抱きしめたくなるほど可愛いかった。懐かしい作品群の解説、連載時の扉絵、ご本人によるコメント、ファンを公言する著名人のインタビューなどなど盛りだくさんで、少女漫画に囲まれていたあの頃を思い出す。幸せな時間。

2015/02/13

nonicchi

大島さんは「花の24年組」の中で一番読んだ先生かも。お名前は小学生の時から知ってましたが、意識して読んだのは「綿の国星」以降。「秋日子かく語りき」「つるばらつるばら」「毎日が日曜日」あたりは特にハマってました。今の住まいには大島先生の本は置いてないので、巻末の作品リスト(よくまとまっていて素晴らしい!)を参考に、またちゃんと読み返して大島ワールドに浸りたい、と思いました。

2016/07/10

aria

大好きな竹宮惠子せんせ、萩尾望都せんせに続き ようやく大島弓子せんせへ行き着きました(; ;)読んでみたい作品が沢山出てきたので、これからゆっくり手にしてみたいです(; ;)既に感慨深いなぁ〜(胸いっぱい

2016/01/05

りりす

大島弓子の描くヒロインについて、「ガラスのようにもろいが、最強のガンコモノ」という表現が適切すぎてこれ以上ない。大島弓子ファンの作家の面々がそれぞれの大島弓子を語ります。私の好きな嶽本野ばらも寄稿。和久井香菜子さんという初めてきく方の70年代少女漫画価値観がおもしろかったなぁ。彼女の書いたものをもっと読んでみたい。大島弓子の作品一覧と入手しやすさも見られて、良い一冊でした。

2018/11/11

xtc1961ymo

本屋に4冊だけ有り即買い!次の日みたら全部売れてた。青月社とゆう小出版社ゆえ手に入ってラッキー。アマゾンには縁のない化石人間ゆえ、巻末の資料の充実ぶりに満足。花花!ピーピー草…花!は今は絶版なのか、嶽本さんも書いてたが「綿の国星」が異色だとは私もそう。巻頭の三浦沙良さんの評論が素晴らしかったです。朝日ソノラマの選集が抜群の出来だと思いますがそれを手掛けた編集者の手記もあり痒いところに手の届く愛に満ちた本です。供給間に合うのかと余計な心配までしてしまいます。ブックマン社と共

2015/01/24

感想・レビューをもっと見る