読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

山本文緒

職業・肩書き
作家
ふりがな
やまもと・ふみお

「山本文緒」のおすすめ記事・レビュー

「好感度が上がりっぱなしだった」 ドラマ「あなたには帰る家がある」10話、茄子田太郎の本性に視聴者騒然

「好感度が上がりっぱなしだった」 ドラマ「あなたには帰る家がある」10話、茄子田太郎の本性に視聴者騒然

『あなたには帰る家がある』(山本文緒/KADOKAWA)

 2018年6月15日(金)に、ドラマ「あなたには帰る家がある」第10話が放送。茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)に対して、「見る目が変わった!」「今まで誤解していてゴメン」と称賛の声が上がっていた。  同ドラマは、佐藤秀明(玉木宏)が茄子田綾子(木村多江)と不倫をしたことがきっかけで、2つの家庭が大きく崩壊していく物語。佐藤家ではついに秀明と真弓(中谷美紀)の離婚が成立し、茄子田家では綾子が秀明と暮らすために離婚をしたいと主張している。  この日の放送では秀明と真弓の娘・麗奈(桜田ひより)と、太郎と綾子の息子・慎吾(萩原利久)が突然栃木に行ってしまう。綾子の実家がある栃木に向かう2人を追いかけ、親たち4人も栃木へ行くことに。その道中、太郎は脱輪した車を見つけると泥だらけになりながら救出し、視聴者からは「太郎良いやつじゃん!」「太郎が意外と優しくて驚いた」と歓声が上がった。  栃木に着くと綾子の過去が明かされる。十数年前、実の姉の夫と関係を持ち、子どもを身籠った綾子。そこでお見合い相手の…

全文を読む

「いきなりどうしたwww」 ドラマ「あなたには帰る家がある」9話、太郎の歌声に視聴者もびっくり!?

「いきなりどうしたwww」 ドラマ「あなたには帰る家がある」9話、太郎の歌声に視聴者もびっくり!?

『あなたには帰る家がある』(山本文緒/KADOKAWA)

 2018年6月8日(金)に、ドラマ「あなたには帰る家がある」第9話が放送。茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)が意外過ぎる一面を披露して話題になっている。

 同ドラマは、佐藤秀明(玉木宏)が茄子田綾子(木村多江)と不倫をしたことがきっかけで、2つの家庭が大きく崩壊していく物語。佐藤家ではついに秀明と真弓(中谷美紀)の離婚が成立し、茄子田家では綾子が家を出て行ってしまった。

 第9話では秀明が1人暮らしをしている家に真弓が訪れる。しかし家からはなぜか綾子がでてきて、真弓は2人が一緒に住んでいると勘違い。秀明は真弓の誤解を解こうとするも、綾子にしつこく付きまとわれて妨害されることに。

 その後なんとか真弓の誤解を解いた秀明。その日が真弓の誕生日ということもあり、「自分が奢るから」と娘の麗奈(桜田ひより)も合わせた家族3人で高級レストランへと行こうと言い出した。だが綾子の母親が危篤だという連絡が届き、綾子は秀明と一緒じゃなければ実家に帰らないと懇願。真弓は仕方なく2人を送り出すことにした。

 とりあえ…

全文を読む

父の不倫で学校に居場所を失くした娘…ドラマ「あなたには帰る家がある」8話、胸を絞めつけられる視聴者続出

父の不倫で学校に居場所を失くした娘…ドラマ「あなたには帰る家がある」8話、胸を絞めつけられる視聴者続出

『あなたには帰る家がある』(山本文緒/KADOKAWA)

 2018年6月1日(金)に、ドラマ「あなたには帰る家がある」第8話が放送。父・秀明(玉木宏)の不倫で学校に居場所を失くした麗奈(桜田ひより)に対し、「可哀想」「共感できすぎて泣けてきた…」と胸を締めつけられる視聴者が続出した。

 同ドラマは、秀明が綾子(木村多江)と肉体関係を持ったことにより、家庭が大きく崩壊していく物語。佐藤家は前回ついに離婚が成立し、真弓、麗奈と秀明の2組に別れた生活がスタートする。

 この日の放送で麗奈は、帰宅早々「私、学校辞めたい」と浮かない顔で真弓に相談。「家からちょっと遠いし朝早いし、公立の方が授業料安いでしょ」と話したが、実は本当の理由は別に存在していた。

 麗奈は陸上部の県予選出場選手で、部内でも笑顔で話しかけられるなど人望は厚いよう。しかしこの笑顔は、“父の不倫が原因で家庭が崩壊した”麗奈に気を使っているだけだった。麗奈は以前、親友の楓(三木理紗子)に「誰にも言わないでね」と家庭の悩みを打ち明けたが、楓がうっかり漏らしたことで話が拡散。以降部員が優しく接してく…

全文を読む

「見てて切なくなった」ドラマ「あなたには帰る家がある」7話の“恋人同士のケンカ”が話題

「見てて切なくなった」ドラマ「あなたには帰る家がある」7話の“恋人同士のケンカ”が話題

『あなたには帰る家がある』(山本文緒/KADOKAWA)

 2018年5月25日(金)に、ドラマ「あなたには帰る家がある」の第7話が放送された。今回は玉木宏演じる秀明が不倫相手と妻、それぞれとケンカをするシーンが「見てて切なくなった」「真弓とのケンカが微笑ましいのが辛い」と話題になっている。  佐藤家と茄子田家、2組の夫婦関係が不倫をきっかけに変化していく様を描いた同ドラマ。第7話では真弓(中谷美紀)が秀明と離婚することを決意し、意気揚々と離婚へ向けての準備を始めた。住んでいたマンションを出ていくことになった秀明は、新しく部屋を借りて一人暮らしを開始。秀明が「ひとりバンザーイ!」と空元気で現実を受け止めようとしているところに、突然綾子(木村多江)が訪ねてくる。  綾子はへそくりと少ない荷物だけをもって夫・太郎(ユースケ・サンタマリア)の元から家出したらしく、秀明の部屋に上がり込んでここで一緒に暮らしたいと言い始めた。秀明は綾子を拒絶するが、引く気のない綾子は「私に帰る家が無くなったのは誰のせい?」と秀明に揺さぶりをかけていく。  必死で追い返そう…

全文を読む

ドラマ「あなたには帰る家がある」第6話で綾子がトンデモ行動に! 木村多江の怪演に視聴者も恐怖

ドラマ「あなたには帰る家がある」第6話で綾子がトンデモ行動に! 木村多江の怪演に視聴者も恐怖

『あなたには帰る家がある』(山本文緒/KADOKAWA)

 2018年5月18日(金)に、「あなたには帰る家がある」第6話が放送された。木村多江演じる綾子が思いもよらない行動に出て、「マジで恐怖しか感じない」「木村さんこんな怖い演技までサラっとできるのか」と視聴者を凍りつかせている。

 これまでのエピソードで、佐藤家の夫・秀明(玉木宏)と綾子の不倫が発覚するも、 “やり直そう”と決意した妻の真弓(中谷美紀)。しかし、綾子の夫・茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)からは、「壊れたものは元に戻らない」と告げられてしまう。

 第6話では、太郎の存在を脅威に感じはじめた矢先に、綾子が何も知らない佐藤家の娘・麗奈(桜田ひより)に接近。居ても立っても居られなくなり単身太郎の元へ向かった真弓だったが、太郎から「分からない。佐藤を殺せばいいのか、綾子を殺せばいいのか、俺が死ねばいいのか」と告げられる。真弓は「そういうのやめましょうよ。たかが一度の浮気じゃないですか」と諭し、「嘘でもいいから、娘にとってあの家だけは安心して帰れる家でありたいんです」と静かに語り聞かせた…

全文を読む

「夫婦そろって狂ってる…!」 ドラマ「あなたには帰る家がある」5話、茄子田家の逆襲に視聴者驚愕

「夫婦そろって狂ってる…!」 ドラマ「あなたには帰る家がある」5話、茄子田家の逆襲に視聴者驚愕

『あなたには帰る家がある』(山本文緒/KADOKAWA)

 2018年5月11日(金)に、ドラマ「あなたには帰る家がある」の第5話が放送された。ついに茄子田夫妻の逆襲が始まり、「夫婦そろって狂ってるな…!」「鳥肌が止まらない」と視聴者が騒然としている。  玉木宏演じる佐藤家の夫・秀明の不倫をきっかけに、妻・真弓(中谷美紀)が不倫相手・茄子田綾子(木村多江)やその夫・太郎(ユースケ・サンタマリア)と対峙することになる同ドラマ。前回は真弓が綾子の家に乗り込み、二度と自分たち家族に近づくなと怒りをぶつける。  第5話では、真弓と秀明のぎくしゃくした様子を不審に思う娘・麗奈(桜田ひより)のために、佐藤家3人で家族旅行に行くことに。動物と触れ合ったり写真を撮ったりと家族水入らずで旅行を楽しむ様子には、視聴者から「このドラマで初めて癒された」「麗奈ちゃんが楽しそうで何より」「まだぎこちない2人がちょっとかわいく見えてきた」といった声が上がっていた。  佐藤家が「悪縁断ち」の神社でお参りしていると、息子・慎吾を連れた太郎と綾子が登場。麗奈は密かに思いを寄せる慎…

全文を読む

「私を救って」 母に怯え恋人に救いを求めたら…山本文緒が描く家族の闇

「私を救って」 母に怯え恋人に救いを求めたら…山本文緒が描く家族の闇

『群青の夜の羽毛布(角川文庫)』(山本文緒/KADOKAWA)

 家庭問題は、家族の心を殺していく。『群青の夜の羽毛布(角川文庫)』(山本文緒/KADOKAWA)は、そんな思いを抱かせる愛憎小説だ。本書には毒母と娘の奇妙な親子関係がリアルに描かれている。

 物語の主人公であるさとるは24歳になっても門限があり、何があっても夜10時までには家に帰らなければならない。そんな家族ルールを打ち明けられた恋人の鉄男は「どうして守っているの?」と尋ねる。

 本書内に描かれているこのような独自のルールは、現実でも毒親によって設けられていることが多いため、とてもリアリティーがある。実際に、毒親に育てられた筆者の家でも門限は夜10時であった。9時30分を過ぎると鳴り響く、けたたましい携帯の着信音と何通も送られてくる帰宅の催促メールは、ふとした瞬間に蘇ってくることがある。そして、結婚をし、親と距離が置けるようになった今でも、帰宅が遅くなると、誰かに怒られるかもしれないという言いようのない不安感が胸にこみ上げてくることもあるのだ。

 また、毒親の呪縛に縛られている家では、…

全文を読む

「怖すぎ!」 ドラマ「あなたには帰る家がある」本性を現した木村多江演じる綾子に視聴者ドン引き!?

「怖すぎ!」 ドラマ「あなたには帰る家がある」本性を現した木村多江演じる綾子に視聴者ドン引き!?

『あなたには帰る家がある』(山本文緒/KADOKAWA)

 2018年5月4日(金)に、ドラマ「あなたには帰る家がある」の第4話が放送された。これまで貞淑な女性としてふるまっていた木村多江演じる綾子が、ついに本性を現し「サイコパスかよ! 怖すぎ!」「メンチカツ作ってるとこで鳥肌立った」と話題になっている。

 直木賞作家・山本文緒の小説を原作とした同ドラマは、佐藤秀明(玉木宏)と真弓(中谷美紀)、茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)と綾子の2組の夫婦を描いた物語。夫婦間に起こり得る“あるある”ネタや夫の浮気を確かめる“浮気チェックリスト”など、誰もが共感できる日常をドラマチックに描いている。

 綾子との不倫が真弓にバレた秀明は、自分の過ちを認めて心の底から真弓に謝罪。家事を率先して行うことで誠意を見せようとするが、真弓は「そんなんで許すと思うなよ」と怒りをあらわにしていた。真弓は営業先の学校で太郎と知り合っていたが、何も知らない太郎は「浮気される方にも原因がある」と発言。真弓は嫌味のつもりで太郎の言葉を繰り返すが、無神経な太郎は全く気づかない。

 秀明…

全文を読む

「山本文緒」のおすすめ記事をもっと見る

「山本文緒」のレビュー・書評をもっと見る

「山本文緒」の関連画像・写真

「山本文緒」の関連画像・写真をもっと見る