読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

怪と幽 vol.001 2019年5月 (カドカワムック 781)

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

妖怪マガジン「怪」と怪談専門誌「幽」が劇的に合体。待望の新連載「遠巷説百物語」をはじめ、豪華執筆陣による強力連載が目白押し! いざ、お化け好きの新天地へ!

妖怪マガジン「怪」と怪談専門誌「幽」が劇的に合体し、ここに新雑誌「怪と幽」が誕生する。
待望の新連載「遠巷説百物語」をはじめ、豪華執筆陣による強力連載が目白押し!
いざ、お化け好きの新天地へ!

特集1 妖怪と、怪談と
対談 京極夏彦×東雅夫
インタビュー 荒俣宏
小説競作 榎田ユウリ、朱野帰子、内藤了、宇佐美まこと

特集2 巷説百物語Reboot!!
「巷説百物語」シリーズ全作品紹介&キャラクター相関図

※電子化に伴い、一部省略されたページがございますが、ご了承ください。

「怪と幽 vol.001 2019年5月 (カドカワムック 781)」のおすすめレビュー

『怪』が『幽』と合体して新登場!巷説百物語の新シリーズも開始でファン必読の一冊

『怪と幽 vol.001 2019年5月』(荒俣宏、京極夏彦、他/KADOKAWA)

 妖怪ものが好きな方であれば読んだことはあるであろう妖怪マガジン『怪』。筆者もときどき購読していたが、いかんせん、月刊誌のようにこまめに発行されているわけではないため、発刊時に見逃してしまうことも多く、気づいたときにバックナンバーを購入するということもあった。このたび発見したのが『怪と幽』(荒俣宏、京極夏彦、他/KADOKAWA)である。同じKADOKAWAから出ている怪談専門誌『幽』という雑誌の存在は知っていたが、その『幽』と合体して新登場というわけだ。なるほど!

 筆者がまず注目したのは、京極夏彦の「巷説百物語」の新シリーズ、『遠(とおくの)巷説百物語』のスタートである。「巷説百物語」は京極の作品の中で特に好きなシリーズだ。映像化されたものも見たが、面白い。妖怪好きにはたまらない内容である。シリーズの再開ということで、今号では「巷説百物語」のおさらいが特集されている。これまでに書籍化されたシリーズの紹介に、裏稼業の人々の相関図と各地ゆかりの人々が図解されており、…

2019/6/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

怪と幽 vol.001 2019年5月 (カドカワムック 781) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

てんつく

「怪」最終号で予告してたのは、これ?KADOKAWAさんも何とも大胆な手に出たものです。荒俣先生の自伝の続きが読めるなら無問題。次号も無事発売されますように。

2019/06/13

ペペロニ

前々から気になっていた雑誌が1つになるということで迷わず手にとってみたけど、好きな作家の作品もいくつも載っていたし、次のも面白そうなら購読しよう。

2019/05/08

ユキタ

図書館。巷説百物語が再始動してるのは嬉しい!ほかにも有栖川有栖や近藤史恵といった既知の作家さんが知らないシリーズ怪異譚を書いてることを知れたのは大きな収穫。

2019/09/25

さとうめぐみ

vol.002が出てしまったけれど、ようやく一通り読了。お目当ては京極氏だけど、それ以外もなかなかの読み応えでした。怪も幽も創刊してしばらくは購読していましたがいつのまにか買わなくなってしまって。でもコレはちゃんと続けようと思います。vol.002に心置きなく取りかかれる!

2019/10/01

無職さん㌠

恒川光太郎『箱のなかの王国』 中世風異世界が広がる不思議な箱を少年が拾って成長する話。その世界では無差別殺人犯が跋扈してたり、民衆を虐げる悪政が敷かれているようだけど、観察できるだけで原則こちらからは干渉できない。ある方法を除いては… ネタバレになるから詳しく書けないけど、異世界転生しない異世界物と言えるかも。収録作中一番好き。面白かった。この作家知らなかったので他の作品も読んでみよう。

2019/10/19

感想・レビューをもっと見る