読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

短編学校 (集英社文庫)

短編学校 (集英社文庫)

短編学校 (集英社文庫)

作家
米澤穂信
本多孝好
中村航
関口尚
井上荒野
西加奈子
吉田修一
辻村深月
山本幸久
今野 緒雪
集英社文庫編集部
出版社
集英社
発売日
2017-06-22
ISBN
9784087455960
amazonで購入する

短編学校 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yanae

「あの日、君とBoys・Girls」、「いつか、君へBoys・Girls」を再編したもの。タイトルで学校とはあるけれど、そこまで学校って感じではなかった。不思議な後味の物語多めです。展開として、米澤さん、中村さん面白い。関口さん痛快、深月さんうまい、今野さん初読み、吉田さんじんわり、荒野さん・西野さん独特、山本さん珍しくあっさり、本多さん既読。どちらかというと少女の方が好きでした(o^-^o)

2017/07/24

扉のこちら側

2018年208冊め。過去に発行された短編集4冊の再編集であるため既読作品ばかりである。よい作品であり再読の機会にもなったのだが、売り方としてどうなんだろうと思ってしまう。短編少年、短編少女も読んできた身としては。

2018/06/24

ゆかーん

人気作家の作品は、何度読んでも良いですね。再編集と分かっていながらも、読みたくなってしまいます(笑)安定の人気を誇る作家さんが手掛けた、粒揃いの作品の数々に何度も感動してしまいました。テーマを上げるとするならば「成長」でしょうか。目の前の障害を、自らの力で乗り越えようとする、若者たちの勇気と希望に満ち溢れた作品の数々!人生の岐路に立たされながらも、必死に生きる姿に元気をもらえました。特に良かったのが「さよなら、ミネオ」。成長すると己との葛藤が見事でした。「眠り姫の星」もSF要素が入っていて楽しめました。

2017/12/21

ぽぽ♪

既読の物もありましたが、読んだことの無い作者さんが多数で読み応えありました。お気に入りは米澤さん、中村さん、辻村さん、今野さん。編集の仕方も秀逸で、米澤さんがトップでラストが今野さんってのも気に入りました。

2017/08/22

OCEAN8380

913、マニアの受難は面白かった。ただ学校とは関係ない作品がありましたが...

2018/01/21

感想・レビューをもっと見る