読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

十一面観音巡礼 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

十一面観音巡礼 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

十一面観音巡礼 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

作家
白洲正子
出版社
講談社
発売日
1992-08-04
ISBN
9784061961869
amazonで購入する

十一面観音巡礼 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐々陽太朗(K.Tsubota)

湖北が好きである。しっとりとした落ち着きを感じさせる土地。寂しけれどけっして寒いのでも暗いのでもない、私は湖北にある種の豊かさを感じ、そこに少しでも長くいたい心持ちになる。私は白洲さんの語る湖北の情景に魅せられた一人である。美しい文章の流れ、感情を抑えた筆致がかえって白洲さんが近江の地に寄せる深い思いを感じさせる。私も渡岸寺の美しい十一面観音像に会いに湖北を旅しよう。もちろんこの本を携えて。

2017/06/30

九鳥

ちょうど観音巡りの旅に出るところだったので旅の供にしたが、道中は全く開かなかった。読んでいると、現実に肉体を行使した寺院巡りと、白洲正子の自在に浮遊する空想とが入り交じり、この幻想的な巡礼に同行していた錯覚を起こす。旅も人生も道草ばかりと嘆くだけあって、文章も横道へ逸れてばかりだが、揺らがない筆致と鋭い見識が痛快でした。

2009/05/13

モリータ

◆滋賀の寺巡りの直後、終了間近の六甲古本市で購入。十一面観音像の巡礼記だが、周辺の古社も含め探訪。◆美濃以外はほぼ行ったことがある土地だったので読みやすかった。といってもピンポイントで訪れた場所が多く、土地が線・面で体感できていないことを痛感。さほど地理音痴でもないはずなので、著者のように歩くとか、先を急がず周りを眺めるとか、二度目の旅への課題あり。◆十一面観音と水源、神仏習合などの着想・連想はまぁそうも言えるかな、程度で流し読み。普通見られない像を時間外に見せてもらう、というのは時代か、著者の名声か。

2018/05/15

ホークス

仏像を鑑賞するのに予備知識は有った方が良い。それはヨーロッパの中世美術鑑賞が、キリスト教の知識によって深まるのと同じことだと思う。しかしこの作品は、そうした参考書とは別物である。著者は十一面観音が、仏教伝来初期の日本で、旧来の信仰との融合に大きな役割を果たしたと考える。この作品のユニークさは、その時代の信仰と環境の中で、人間がどんな心情で何を成そうとしたか、を旅と思索を通じて体感しようとした著者の姿勢にある。そこに白洲正子でなければ到達し得ない地点がある。隅々まで理解出来なくても、その真髄には触れられる。

2015/06/07

yamaneko*

“十一面観世音”と決めたら 近畿から長野までエリアごとに丹念に追っていく姿勢がすごい。同じ行程を辿ったとしても こんなに深みがある思考には至らないだろうなぁ…

2014/01/30

感想・レビューをもっと見る