読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

井伏鱒二

職業・肩書き
作家
ふりがな
いぶせ・ますじ

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1937年
『ジョン万次郎漂流記』第6回直木賞
1956年
『漂民宇三郎』第12回日本芸術院賞 文芸部門
1949年
『本日休診』第1回読売文学賞 小説賞
1966年
『黒い雨』第19回野間文芸賞
1971年
『早稲田の森』第23回読売文学賞 随筆・紀行賞

「井伏鱒二」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

意固地なキャラクターからにじみ出る滑稽観にはスルメのような味わい深さが

意固地なキャラクターからにじみ出る滑稽観にはスルメのような味わい深さが

わたしは井伏鱒二の作品がたいへん好きで、選集と全集を二度にわたって購入している。エライ散財である。 なぜ二度も買い集めたかというと、一度目が「井伏鱒二自選選集」という15巻ばかりのベストセレクト集で、ところがこれに収められた彼の代表作「山椒魚」が信じられないようなことになっていたのである。

もともと井伏は作品の言葉を磨き上げていくのに執念を燃やしているようなところがあり、すでに発表して単行本になった作品すらいつまでもいつまでもたゆまずに「直し」続けている癖があって、あろうことか昭和の初頭に書いた「山椒魚」を40年50年ずうっといじってた珍しい人なんである。で、これが最終バージョンもう絶対直さなくていいと宣言して「自選選集」に収録した「山椒魚」が、その名作のもっとも名作たるゆえんのフレーズと日本中の識者たちが認めていた最後の数行をばっさり切り落としちゃったものだったんである。日本中茫然。KARAからダンスをとっちゃったみたいなもん。違うか。とにかく、わたしも1巻ずつそろえながら、これでいいのかなあと屈託しつづけ、完結から数年後に出始めた筑摩版「井…

全文を読む

大小の宝石が散りばめられた短編集。美しい日本語に触れたいときに!

大小の宝石が散りばめられた短編集。美しい日本語に触れたいときに!

初めて読んだ井伏鱒二は中学生のときの「山椒魚」。以来、熱烈に何度も読み返している作家ですが、この「仕事部屋」は初耳でした。最も長い展開の表題を含め全14編の短編集。もう、最初の1ページ目から圧巻です。

その語り口。軽やかなのに品の高い筆致。作品全体にあふれ出る「おかしみ」と言葉の厚み。作家自身の身の回りのことを簡単につづったエッセイのようでもありながら、どこかに正確に計算されつくした小説技法があるようにも思え、この時代の作家たちの「偉大さ」を痛感します。短編「家庭装飾」などは、妻に訓話を垂れる夫の口調がだんだんと柔らかになり、その夫婦の思い出や思いやりにつながってゆく小説手法が素晴らしい。手品を見るような表現方法です。こういう作品は昨今見ません…。表題「仕事部屋」はさらりと始まりながら、どんどん登場人物の襞にはまってゆくその牽引力が凄い。友人相崎が間借りしていた仕事部屋を借りて住まう主人公。その家の住人妙齢のジュン子とその母。適齢期を過ぎるかもしれず、見合いをしたものの女給として「職業婦人」になってゆくジュン子に恋する相崎。主人公はその間に入…

全文を読む

「井伏鱒二」のレビュー・書評をもっと見る

「井伏鱒二」の本・小説

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))

作家
ヒュー・ロフティング
井伏鱒二
出版社
岩波書店
発売日
2000-06-16
ISBN
9784001140217
作品情報を見る
黒い雨 (新潮文庫)

黒い雨 (新潮文庫)

作家
井伏鱒二
出版社
新潮社
発売日
1970-06-25
ISBN
9784101034065
作品情報を見る
七つの街道 (中公文庫)

七つの街道 (中公文庫)

作家
井伏鱒二
出版社
中央公論新社
発売日
2018-10-23
ISBN
9784122066489
作品情報を見る
山椒魚 (新潮文庫)

山椒魚 (新潮文庫)

作家
井伏鱒二
出版社
新潮社
発売日
1948-01-15
ISBN
9784101034027
作品情報を見る
太宰治 (中公文庫)

太宰治 (中公文庫)

作家
井伏鱒二
出版社
中央公論新社
発売日
2018-07-20
ISBN
9784122066076
作品情報を見る
荻窪風土記 (新潮文庫)

荻窪風土記 (新潮文庫)

作家
井伏鱒二
出版社
新潮社
発売日
1987-04-28
ISBN
9784101034089
作品情報を見る

「井伏鱒二」人気の作品ランキングをもっと見る

「井伏鱒二」の関連画像・写真

「井伏鱒二」の関連画像・写真をもっと見る