読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

お金本

「お金本」のおすすめレビュー

夏目漱石は、できるだけ本を売りたくなかった?あの文豪たちの「お金事情」が赤裸々に

『お金本』(左右社)

“一体書物を書いて売るといふ事は、私は出来るならしたくないと思ふ。売るとなると、多少慾が出て来て、評判を良くしたいとか、人気を取りたいとか云ふ考えが知らず知らず(※原文は踊り字)に出て来る”

 そう語るのが、現代では紙幣にも印刷されている文豪・夏目漱石なのは、皮肉なことだ。彼は続ける。

“理想的に云へば、自費で出版して、同好者に只で頒つと一番良いのだが、私は貧乏だからそれが出来ぬ”

 大ヒットした『〆切本』の続編となる『お金本』(左右社)は、ズバリ文豪にまつわる「お金」をテーマとしたアンソロジーだ。かつてこれだけ豪華な「お金」のアンソロジーが、あっただろうか。文豪たちは、貧乏を憂いたり楽しんだり、借金を返さないためにあれこれと策を打ったりと、せわしない。100篇を収録していて、一つひとつは短く、だからこそ彼らの多様な個性がよく見えて、愉快な気持ちにさせられる。

 気になる章とともに、文豪たちの言葉を紹介しよう。

■俺たちに金はない!(I章)

「抑も文学に依つて生活すると云ふ事が無理なのではないかと思はれる」と永井荷風は言った。時代のヒッ…

2019/12/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

お金本 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鉄之助

左右社さんやってくれました。『〆切本』1、2に続く「3匹目のドジョウ」狙って文豪のお金にまつわるエトセトラをまとめた爆笑本だった。横綱は、やはり太宰治。「生涯いちどの、生命(いのち)がけのおねがひ申し上げます。~五十円、電報為替にて、明日朝、ぜひとも、お助けください」。義弟の友人の洋画家に書いた借金の手紙だ。大関クラスは、吉川英治の自作の予定価格を見て「極力コストを御研究ねがひます」と値下げせよとの編集者への手紙。「作家だから金がないのではなく、金がないからこそ”真の作家”たり得た」(はじめに)名言だ!

2020/01/19

Fondsaule

★★★☆☆ お金の話。やっぱり作家は大変なんだと思った。冒頭、渋沢栄一の『効力の有無はその人にあり』 が一番よかったかもしれない。このシリーズではないが、以前読んだ「推薦文、作家による作家の」みたいなのはよかったがなぁ・・・

2020/02/18

黒井

19-188】歴史に名を残す文士たちのお金にまつわる赤裸々なアレコレ。お金の話題を抜粋したものを読んだ結果様々な困窮を目の当たりにする事になる事に。文章を書く事を仕事にされてる方々なだけあって苦境の綴り方も読み応えがあるもんだと読み進めたから赤塚不二夫の豪遊が一周回って痛快。そして読了した今印象に残ってるのは村田沙耶香の金銭感覚・やなせたかしの仕事論・北野武の品格、という困窮とは少し違う切り口でお金を語る人の言葉だ(あと町田康の夕焼&胸焼も)。草野心平が宮沢賢治から送られた本の話はその後の顛末含め笑った。

2019/12/03

ekoeko

お金にまつわる文豪アンソロジー。金策(借金)をあれやこれやと考える姿に唖然とする。江戸川乱歩が借金で逃げたのに結婚するつもりで書いたのではないラブレターの為に結婚するいきさつが誠実で面白かった。宇野千代の屑蓮の話や貧乏の反動で給料差し引きの鰻弁当を1週間食べて通勤電車にも乗れなくなった話とかそんな心情がよくわかる~と思いながら読んだ。石原慎太郎が母親に映画代の70円をねだったら断られ弟の学生服のポケツトを漁ったら70円がでてきたから映画に行った話とか笑ったら悪いような気もするが笑える。

2019/12/06

miyatatsu

歴史上の人物がお金についてどのような考えを持っているのかを知ることができました。非常に参考になりました。

2019/10/29

感想・レビューをもっと見る