読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

美しいもの 白洲正子エッセイ集(美術) (角川ソフィア文庫)

美しいもの 白洲正子エッセイ集(美術) (角川ソフィア文庫)

美しいもの 白洲正子エッセイ集(美術) (角川ソフィア文庫)

作家
白洲正子
青柳 恵介
出版社
KADOKAWA/角川学芸出版
発売日
2015-05-23
ISBN
9784044094843
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

絵巻物や屏風、扇面、掛幅などの絵画、光悦・乾山や魯山人などのやきもの、能装束や辻ケ花などの着物、円空や白鳳時代の仏像、硯箱から印籠までの漆工芸など、白洲流の美の発見と古美術に寄せる思いを語る。

美しいもの 白洲正子エッセイ集(美術) (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆうこ

白洲正子の〈美術〉にまつわるエッセイをまとめたもの。よむと贅沢な時間を過ごすことができる気がします。『雪月花』は、所蔵の美術品に関するお話で、初出時は写真入りで紹介された内容のようでしたが、今回写真はなく笑。文章だけでもわかるけれど、どうせなら写真と一緒に載せて欲しかった。正子がうまれてはじめて買った焼きもの・紅志野の香炉とか。見たいし笑!椿は好きな花なので、乾山と九谷にみられる意匠にも注目したいと思った。「焼きものはほんとうに、自然と人工、或いは神様と人間の合作に他ならないと思う」

2015/07/12

メーテル/草津仁秋斗

白洲正子について無知なままで読んでも、十二分に伝わってくるこの人の鑑賞眼の高さ。真の日本の美を愛する気持ちが伝わってくる。MOA美術館、行ってみたいなあ。

2016/07/19

Tetsuji Yamaguchi

★★★

感想・レビューをもっと見る