読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

冬の本

冬の本 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nuit

2018年始に帰省した際に立ち寄った八戸ブックセンターにてお勧め本として置いてありました。愛書家84人による「冬」と「一冊の本」をテーマにした宝物のような想い出を語るエッセイ集。今は都会に住んではいるけれど、雪国で育った私自身の消えない冬の記憶も、良い想い出として呼び覚ましてくれました。とても素敵な何度も読み返したくなるお勧めの一冊です。

2018/02/09

佐々陽太朗(K.Tsubota)

まず目を引くのは和田誠氏による装丁。なかなかイイ感じです。しかし本は雪降るの中を歩きながら読んだら本がグチョグチョと和田さんにツッコミを入れたい。 杉江由次氏の「誕生」のあたたかさが好きです。高橋靖子氏の「記憶の公園」の病弱だった子供のころ、布団の中で親に隠れて本を読んだ記憶に懐かしさを感じる。 触発されて『愛のゆくえ』(ブローティガン)、『おわりの雪』(ユベール・マンガレリ)、『ヴァレンタインズ』(オラフ オラフソン)、『夢のつづき』(神吉拓郎)、『雪柳』(泉鏡花)、『氷平線』(桜木紫乃)を発注。

2016/01/02

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

〈冬〉と〈本〉をテーマに作家や詩人、ミュージシャンなど84人が自由に寄せたエッセイ集。〈一人出版社〉夏葉社の本です。掌にしっくりと収まる可愛らしい造りで、プレゼントにも良さそう。装丁は和田誠氏。好きなところから気ままに読むのが相応しいと思います。以下、お気に入りを敬称略で。角田光代・柴田元幸・杉田比呂美・名久井直子・穂村弘・万城目学・又吉直樹・町田康・山崎ナオコーラ・吉田篤弘。冬ならではの温もり。自分にとっての〈冬の本〉を考えたら『雪のひとひら』と『ムーミン谷の冬』が浮かびました。みなさんはいかがですか?

2015/01/30

めろんラブ 

本格的な寒さがやって来たら読もうと思っていた本。シンプルなタイトルと和田誠の装画が素敵。84人にのぼる著者へのお題は「冬」と「本」。エッセイということもあり、各々の切り口が自由で個性的です。ストレートにおすすめの「冬の本」について書かれた方、冬にまつわるエピソードを語られた方、現在のお仕事との関連から想起された方・・・。様々な彩りに溢れた内容でした。著者の確かな息遣いを感じるものからやっつけ仕事っぽいものまで、力の入れ具合も人それぞれ。なかでも木内昇の一篇「籠もる」が見事で、これを読めただけで大満足です。

2014/12/12

あつひめ

84人の人が、1000文字で表す冬の本。私が思い浮かべるのは…江國さんの雪だるまの雪子ちゃんや渡辺淳一さんの阿寒に果つ。どちらも真っ白な雪が辺りを包み込む。どの季節も好きだけど…よく考えると冬が…いや、雪が好きなのかも知れない。84人の思い。様々な言葉が並んでいるが「生きるの大好き冬のはじめが春に似て」という素敵な句に出会った。冬はとても厳しいおばあちゃんのような気がする。厳しさの中にそっと包み込む優しさがあって。他の季節の本も手にとってみたい。それぞれの季節の優しさに触れるかもしれない。

2014/01/08

感想・レビューをもっと見る