読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

文学2016 (文学選集)

文学2016 (文学選集)

文学2016 (文学選集)

作家
日本文藝家協会
青山七恵
いしいしんじ
絲山秋子
大城立裕
乙川 優三郎
片岡義男
木下古栗
姜 信子
佐藤 モニカ
諏訪哲史
高樹のぶ子
辻原登
津村記久子
長野まゆみ
日和 聡子
保坂和志
松浦寿輝
山崎ナオコーラ
楊逸
出版社
講談社
発売日
2016-04-21
ISBN
9784062200110
amazonで購入する

文学2016 (文学選集) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

宇宙猫

挫折。やっぱり文学は苦手。

2016/06/30

wonderhoney

コノドント展!むむっ?!夏、訃報、純愛。行ったり来たりして迷うけど、悪くない。石蹴り。うまくまとまってて、だよね、今更、あの時感じて、あの時に現実だったことはあの時のことなのよ。って頷いた。鉢かづき。いい!自由奔放な主人公。御伽草子でもそう描かれていたのか?キニナルー。globarise。きもっ!でも、ワクワク感はんぱない!食い入る様に読んでしまった!古栗さんいい!かー。カーディガン。良かった。

2016/08/14

ophiuchi

「文学」という言葉自体に抵抗感があって、馴染みのある絲山秋子、津村記久子と初めて読む 佐藤モニカあたりは面白かったが、多くの短編は「ふ~ん、これが文学ね~」という感じ。

2016/07/27

かおりん

読んだことのある作家の話も文学となるととっつきにくい。わかる話や面白い話もあるけど、小難しく頭にちっとも入らない話も多かった。鉢かづき、うらしまは以前に挿絵付きの本で読んで面白かったもの。佐藤モニカのカーディガン、長野まゆみの伊皿子の犬とパンと種、山崎ナオコーラの越境と逸脱は良かった。帯には日本文学の今が一冊でわかる!とある。解説の文もまさしく文学。定価3500円に驚いた。

2016/10/07

辛口カレーうどん

難解なものが多かった。『 秘宝館 』いしいしんじ◯ 『コノドント展』絲山秋子◯『鉢かづき』青山七恵◯『うらしま』日和聡子◯『ココナツの樹のある家』楊逸◯『カーディガン』佐藤モニ◎、『牢名主』津村記久子◎、『伊皿子の犬とパンと種』長野まゆみ◎、『病棟の窓』◯、『まるで砂糖菓子』乙川優三郎◯『越境と逸脱』◯

2018/07/29

感想・レビューをもっと見る